インドシナ道中記ー9.「遥かなり稲作の道」

少し気取った題をつけてしまいました。それにしても、わたしの米飯に対する食味は少しずれているのかも知れません。カンボジアのお米が気に入ってしまったのです。

9.遥かなり稲作の道

カテゴリー: インドシナ道中記   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>