インドシナ道中記ー3「サンタ・マリアの鐘」

インドシナから大分を見詰める試みをしています。16世紀の大分市(豊後府内)がいかに国際都市だったかを、カンボジアの地を踏みしめて、改めてしみじみと感じています。

3.サンタ・マリアの鐘

カテゴリー: インドシナ道中記   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>