インドシナ道中記ー5「アンコール・ワットは祇園精舎?」

アンコール・ワットを最初に見た日本人が誰だか知りたいと思っていましたが、遺跡内に残された墨書(落書き?)からは森本右近太夫という人の存在が浮かんできました。

アンコール・ワットは祇園精舎?

カテゴリー: インドシナ道中記   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>